初めての方へ

アイデア発想
WEBアプリ

アイデア発想ツール

その他

スポンサーリンク

アイデア発想法の紹介

アイデア発想法を紹介していきます。コンテンツの中では実際のやり方や、ツールのダウンロードもできます。
アイデア発想法は、欲しいアイデア、メンバー、置かれている状況によって使い分ける必要があります。最適な方法を選択することが重要です。

アイデア発想法 説明
オズボーンの
チェックリスト
発想を切り替えるキーワードをリストにしておいて、それを見ながらアイデアを考えていく手法
マンダラート 8つのマスを強制的に埋めることで、1つのテーマから関連するアイデアを8つ生み出す。
5W1H 英語の5W1Hを使用して実現可能な企画に落とし込んでいく。
ブレインライティング 一番上に書かれたアイデアを参加者全員が育てていく方法
希望点列挙法 「こうだったらいいのに」、「こんな便利なものはない」という希望からアイデアを発想していく方法
欠点列挙法 出された欠点のなかから、改善したい点をピックアップして改善点を話し合っていきます
連想ゲーム 連想される言葉を書き、その言葉からさらに連想される言葉を書いて連想ゲームのように繋げる。
逆設定法 逆転の発想をするための発想法
ワード・ダイヤモンド キーワードをダイヤモンド状に4つ上げtげ、キーワード間をアイデアで埋めていく。
カラーバス 色を意識しながら街を歩くと、無意識に組み合わさって、思いがけない意外なアイデアが生まれていく。
マインドマップ 中心に発想したいテーマを記入し、放射線状に思いついた言葉を書いていく。
セグメンテーション法 設定したセグメント(顧客や業種の範囲)ごとにアイデアを発想。当サイトのオリジナルのアイデア発想法。
属性列挙法 属性列挙法は、対象となる製品・サービスの属性(性格や特徴)をすべて列挙して、その列挙したリストをすべて考慮して、新しいアイデアを発想していく方法。
アルファベット
システム法
アルファベット(日本の場合、50音)のそれぞれの文字で始まる「製品・サービス」を書き出して、それに対して、解決したい課題、問題点を出していく。
△○□(ストゥーパ)発想法 △、○、□の形にキーワードを当てはめながら、従来の発想から飛び出して、新しいコンセプトを発想していく。
ポジショニング法  4つの評価基準軸を設定して、市場を分割したドメインに新しいビジネスを当てはめて、競合品との差別化を図っていく方法。

スポンサーリンク