キャッチフレーズジェネレーターのアップデートのお知らせ

キャッチフレーズジェネレーターのアップデート

WEBアプリ「キャッチフレーズジェネレーター」をアップデートしました。従来は120個のキャッチフレーズを登録していましたが、約4倍キャッチフレーズを増加させています。

何をアピールしたいか、どのフレーズを自社の「製品・サービス」に当てはめるか、判断するには、多くのキャッチフレーズを俯瞰的に眺めてから、しっくり来るキャッチフレーズを選択することが有効です

今回のアップデートによってキャッチフレーズジェネレーターがいっそう、有用なコンテンツになったと確信しています。

ぜひご活用下さい!

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

当ブログのメインサイトです。
起業アイデアを自動で発想するWEBアプリを公開しています。
ぜひ立ち寄ってみてください!
アイデアジェネレーター

人気ブログランキングに参加中です。クリックしていただけると嬉しいです!

起業・独立 ブログランキングへ

カテゴリー: Web開発, アイデアジェネレーター, キャッチフレーズジェネレーター | コメントする

オリジナルアイデア発想法 「セグメンテーション法」の公開

オリジナルアイデア発想法 「セグメンテーション法」の公開

当サイトオリジナルのアイデア発想法を紹介します。その名は「セグメンテーション法」です。

業態セグメント顧客セグメントを記入します。その後、「業態セグメント×顧客セグメント」の組み合わせパターンごとに、ビジネスアイデアを発想していきます。これによって、誰に(顧客セグメント)何を(業態セグメント)を販売するのか、セグメントの組み合わせごとにアイデアを発想することができるようになります。

起業アイデアを発想する時に重要なのは、「できることから始める」という発想です。一般的に起業を志した段階では、あなたは小資本しかありません。大きなセグメント(業態、顧客の範囲)でビジネスをする場合、規模の経済性により、大資本を持つ既存企業には絶対に敵いません。このような市場に新規に参入することは「できないこと」に該当します。あなたは「できること」から始めなければなりません。「できること」から始めるためには身の丈に合ったビジネスから始める必要があります。しかも誰も手を出したことのないニッチ市場で戦うことが肝心です。

ではどうやってニッチ市場を見つけるのでしょうか?それはセグメントを絞ることです。セグメントとは顧客層やビジネス業態を分割していくことで見出していく市場のことを言います。例えば、ネットショップを起業したい場合、アマゾンにあらゆる物を販売するのではなく、衣料品を売ることに特化すれば業態セグメントを絞ったことになります。また顧客層を若年層からシニア層まで全員に売るのではなく、キッズに特化すれば顧客セグメントを絞ったことになります。

起業を志すあなたの場合、セグメントはできるだけ絞るとよいでしょう。狭すぎる市場のため既存企業が入る価値を見出せないくらい狭いセグメントこそ、あなたが最初に始めるべき市場なのです。例えばインターネットでネットショップの開業を考えたとしましょう。全方位の市場、顧客をターゲットとした場合、楽天やアマゾンがライバルとなるでしょう。これから参入して彼らに勝てるとは思えませんよね。少し業態を絞って、アパレル系に特化したとします。ZOZOTOWNなどがライバルとなります。少し絞ってもまだ勝てると思えません。さらに顧客を絞って、シニアをターゲットとしてみましょう。すこしライバルが減ってきましたね。それでは料理専門の衣料品としたらどうでしょうか?このようにどんどんセグメントを絞っていきます。そのうち、誰も手を出したことのない新市場(フロンティア)があることに気付くと思います。この誰も踏み入れたことのないフロンティアこそあなたが開拓すべき市場なのです。

セグメンテーション法は、業態と顧客のセグメントを絞ることができます。ニッチ市場見つけるのに適したアイデア発想法なのです。まさにスタートアップ期のあなたに適したアイデア発想法と言えます。また既存のビジネスを新市場(顧客層)に展開したい場合にも機能してくれるでしょう。

 

【方法】

  1. 起業したい業種に、自分が現在考えている業種・得意分野を記入します。例えば居酒屋でのバイト経験があるのであれば、居酒屋と記入します。この段階ではある程度、あなたが起業したい業種を決定していることが必要です。
  2. 業態セグメントには、起業したい業種の業態を記入していきます。例えば、あなたが居酒屋でバイトしていたとします。当然、居酒屋を経営することも、起業方法の1つです。一方でバイトでの経験を活かして居酒屋経営ノウハウを情報商材として販売することも、立派なビジネスになるかもしれません。また看板メニューがあれば、そのメニューを自宅で味わうことができる料理セットを販売できるかもしれません。このように、居酒屋でバイトしたという1つの経験から、異なる業態でビジネスを始めることも重要な起業アイデアの発想と言えます。
  3. 顧客セグメントには、誰に販売したいか顧客層を記入していきます。このときビジネスの形態が居酒屋だったとしても、未成年を顧客ターゲットとしないのはもったいないです。「未成年へ販売する居酒屋関連ビジネス」という一見矛盾する組合せこそ、誰も思いつかない新規ビジネスが発見できるのですから。

セグメンテーション法

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

当ブログのメインサイトです。
起業アイデアを自動で発想するWEBアプリを公開しています。
ぜひ立ち寄ってみてください!
アイデアジェネレーター

人気ブログランキングに参加中です。クリックしていただけると嬉しいです!

起業・独立 ブログランキングへ

カテゴリー: Web開発, アイデアジェネレーター, アイデア発想法 | コメントする

祝!Yahooカテゴリに登録!

祝!Yahooカテゴリへ登録しました!

この前、ダメ元でYahooカテゴリへの登録申請をしたところ、
なんと当サイトが2017年3月31日にカテゴリへ登録されました!

カテゴリは以下のディレクトリです。
トップ > ビジネスと経済 > 起業、中小企業経営 > 起業

一発で審査合格でした。非常に光栄なことで大喜びです。

Yahooカテゴリへの登録は非常に厳しい審査があると言われています。

例えば、Yahooの審査基準を見ると、少なくとも以下の要素が必要となってきます。

  •  企業、団体、個人事業主が運営するサイトである
  • 会社概要、運営元情報が記載されている
  • 日本語のページである
  • 365日24時間体制で稼働している
  • 商用目的での利用が禁止されているYahoo! JAPANのサービスを利用していない
  • 不適切な内容が含まれていない
  • サイトの内容や目的が明確である
  • サイトのデザイン、ナビゲーションがわかりやすい
  • 審査を開始する時点で十分なコンテンツが含まれている
  • ページが完成している
  • 独自のサービス、コンテンツが含まれている
  • まだYahoo!カテゴリに登録されていないサイトである

これらの基準を満たさないと、カテゴリへの登録はできません。

またカテゴリ掲載ガイドによれば、登録申請しても、審査を受けることもできないケースがあるようです。

公共性の高いサイトや、情報が充実した優良サイトは、推薦も受け付けております。ただし、推薦サイトすべての審査は実施しておりません。ご推薦いただいたサイトから、話題となっているサイトなどを中心に、一部ピックアップして登録します(確実に登録の審査を受けることを希望される場合は、「サイトの登録(有料)」にお申し込みください)。

ちなみに有料で登録審査を受けることもできるようですが、
Yahoo!ビジネスエクスプレスによれば審査料金は50,000円~だそうです(汗;)

今回は無料でダメ元で無料の自己推薦で応募しましたが、なんと1発合格でした!

当サイト「アイデアジェネレーター」が、審査員の方の目に留まって、実際に審査を受けて、合格してカテゴリに登録される確率を考えると、奇跡としか言いようがありません。

何となく社会の役に立つサイトが作りたいと思って、素人がプログラミングから勉強して、作り上げたサイトでしたが、あのYahooに評価されたことは嬉しくてたまりません。

このサイトがもっと皆様の役立つように、決意を新たにして今後もコンテンツの拡充に努めてまいります。

どうか皆様のご来訪をお待ちしています。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

当ブログのメインサイトです。
起業アイデアを自動で発想するWEBアプリを公開しています。
ぜひ立ち寄ってみてください!
アイデアジェネレーター

人気ブログランキングに参加中です。クリックしていただけると嬉しいです!

起業・独立 ブログランキングへ

カテゴリー: Web開発, アイデアジェネレーター, 日記 | コメントする

WEBアプリ「キャッチフレーズジェネレーター」の公開

新しいWEBアプリ「キャッチフレーズジェネレーター」の公開

しばらく更新しておりませんでしたが、実は新しいWEBアプリの開発に着手していました。

WEBアプリ名は「キャッチフレーズジェネレーター」です。

今回は起業アイデア、ビジネスアイデアを発想するにあたって、
キャッチフレーズを基にアイデアを発想できないか?と考えました。

例えば、「今流行の」○○というワードがあれば、
ビジネスアイデアを流行品にフォーカスすることができるようになります。

ビジネスアイデアを構築するにあたって、最初にコンセプトを打ち出して、それに基づいてアイデアを発想していく方法も合理的なアイデア発想法です。

今回のWEBアプリ「キャッチフレーズジェネレーター」はまさに、最初のコンセプトを決めるきっかけとなるアイデア発想法アプリを目指しました。

プログラムは完成したのですが、実はまだキャッチフレーズの量を増やすことができると思っていますので、ワードを今後も追加していって情報を拡充していきたいと思います。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

当ブログのメインサイトです。
起業アイデアを自動で発想するWEBアプリを公開しています。
ぜひ立ち寄ってみてください!
アイデアジェネレーター

人気ブログランキングに参加中です。クリックしていただけると嬉しいです!

起業・独立 ブログランキングへ

カテゴリー: Web開発 | コメントする

WEBサイト「アイデアジェネレーター」のスマートフォン対応

WEBサイト「アイデアジェネレーター」のスマートフォン対応

アイデアジェネレーターをご活用いただいているユーザー様にご連絡します。

この度、当ホームページがスマートフォン対応になりました。

(スポンサーリンク)

スマートフォンで開くと画面がスマートフォンに対応した大きさになり、
より利用し易くなりました。

スマートフォンでぜひ閲覧してみてください!

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

当ブログのメインサイトです。
起業アイデアを自動で発想するWEBアプリを公開しています。
ぜひ立ち寄ってみてください!
アイデアジェネレーター

人気ブログランキングに参加中です。クリックしていただけると嬉しいです!

起業・独立 ブログランキングへ

カテゴリー: Web開発 | コメントする

WEBアプリ「ランダム・マンダラート」の公開

WEBアプリ「ランダム・マンダラート」の公開

アイデアジェネレーターをご活用いただいているユーザー様にご連絡します。

この度、当ホームページにおいて、起業アイデア発想WEBアプリ「ランダム・マンダラート」を公開しました。

(スポンサーリンク)

マンダラートとは、3×3の表の中心にテーマを書き、そこから連想されるものをまわりの8つのセルに記入してアイデアを発想するアイデア発想ツールです。

しかし中心のアイデアから8つを発想するのに時間がかかるという問題がありました。

そこで、周りの8つのセルに、ランダムに特徴を表示するプログラムを開発し、全く無関連なワードを8つ表示させる仕様にしました。これにより意外なアイデアを8つも発想することができます。

名付けて「ランダム・マンダラート」です。

8つのランダムな特徴と自分の目的とする製品・サービスを関連付けることで、自分のビジネスに関して斬新なアイデアを発想することが可能となると思います。

ぜひご活用下さい。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

当ブログのメインサイトです。
起業アイデアを自動で発想するWEBアプリを公開しています。
ぜひ立ち寄ってみてください!
アイデアジェネレーター

人気ブログランキングに参加中です。クリックしていただけると嬉しいです!

起業・独立 ブログランキングへ

カテゴリー: Web開発 | コメントする

アイデア発想法のテンプレートダウンロードできます。

アイデア発想法のコンテンツ拡充

アイデアジェネレーターをご活用いただいているユーザー様にご連絡します。

この度、当ホームページにおいて、「アイデア発想法」のコンテンツの大規模アップデートが完了しました。

(スポンサーリンク)

アイデア発想法のやり方、テンプレートのダウンロードが可能となりました。

これによって自分で印刷して、アイデア発想法を気軽に体感いただけるようになります。

なおこのアイデア発想法のコンテンツはさらに拡充していく予定です。
面白いアイデア発想法であれば、WEBアプリ化の開発も行いたいと思います。

今後もアイデア発想法のコンテンツ拡充にご期待ください。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

当ブログのメインサイトです。
起業アイデアを自動で発想するWEBアプリを公開しています。
ぜひ立ち寄ってみてください!
アイデアジェネレーター

人気ブログランキングに参加中です。クリックしていただけると嬉しいです!

起業・独立 ブログランキングへ

カテゴリー: Web開発, 未分類 | コメントする

アイデア発想法のコンテンツ拡充のお知らせ

アイデア発想法のコンテンツ拡充

アイデアジェネレーターをご活用いただいているユーザー様にご連絡します。

この度、当ホームページにおいて、「アイデア発想法」のコンテンツの拡充を行いましたのでご報告します。

(スポンサーリンク)

 

アイデア発想法のコンテンツでは、著名なアイデア発想方法の具体的な説明をしていきたいと考えています。同時に、アイデア発想法に必要なテンプレート等もダウンロードできるようにしていく予定です。

このコンテンツ拡充によって、WEBアプリの開発だけではなく、総合的なアイデア発想法の集積サイトを目指していく予定です。

今後もアイデア発想法のコンテンツ拡充にご期待ください。

 

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

当ブログのメインサイトです。
起業アイデアを自動で発想するWEBアプリを公開しています。
ぜひ立ち寄ってみてください!
アイデアジェネレーター

人気ブログランキングに参加中です。クリックしていただけると嬉しいです!

起業・独立 ブログランキングへ

カテゴリー: Web開発 | コメントする

製品組合せアイデアジェネレーターの公開

WEBアプリ「製品組合せアイデアジェネレーター」

アイデアジェネレーターをご活用いただいているユーザー様にご連絡します。

この度、当ホームページにおいて新しいWEBアプリを実装しましたのでご連絡します。

(スポンサーリンク)

WEBアプリ「製品組合せアイデアジェネレーター」です。

イノベーションは既存の製品の組み合わせで生まれます。

今まであった製品と製品をランダムに組み合わせることで新しい発想の製品を生み出すことができます。

ぜひ新しいアイデアジェネレーターを体感ください!

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

当ブログのメインサイトです。
起業アイデアを自動で発想するWEBアプリを公開しています。
ぜひ立ち寄ってみてください!
アイデアジェネレーター

人気ブログランキングに参加中です。クリックしていただけると嬉しいです!

起業・独立 ブログランキングへ

カテゴリー: Web開発 | コメントする

創業者の物語~ブリヂストン創業者 石橋正二郎~

生い立ち

福岡県の久留米に生まれた正二郎の父親は、仕立て屋を開業して順調に業績を伸ばしていきました。正二郎は高校卒業後、その家業を継ぎました。17歳にして経営者となったのです。

(スポンサーリンク)

 

経営者としての第一歩

彼は始めに仕立て屋を廃業し、足袋製造業へ転換を図ります。仕立て屋のような多品種少量生産から、大量生産へシフトさせます。このとき、賃金労働制を導入したことは特筆すべきことです。

大量生産の足袋を売りさばくため、特約店への大量卸を主力にビジネスを展開します。また宣伝においても才能を発揮します。当時日本の自動車は東京に300台、大阪に18台しかありませんでした。当然、九州には1台もなかったのです。この時代に自動車を購入して宣伝ビラを配りながら九州中を走り回ります。当時の世相からしてみれば大変な注目を集めたことでしょう。このような新取気性が正二郎の持ち味でした。

また価格に関しても、均一価格制など消費者に分かりやすい価格制度にしています。均一価格制度はメガネ屋、100均ショップなど今日でも有効なビジネス戦略ですね。

ゴム生産と飛躍

大正12年、ゴム底足袋である地下足袋の生産へシフトします。このことがゴム製造会社として今日に至る基礎を築き上げる契機となります。この年、関東大震災が起こりますが、建設労働者の履物として売り上げが急増することになります。ピンチはチャンスとなります。正二郎は震災というピンチをチャンスに変えてビジネスを拡大しました。

逆境はそれと同等かそれ以上にチャンスをもたらします。
逆境になったときにチャンスをつかむ人が成功するケースが多いのです。
正二郎の場合、逆境=関東大震災でした。
ここでめげずに、ビジネスアイデアを出して結果を出したことが飛躍に繋がったのでした。

自動車用タイヤへの参入

工場の絶え間ない改善もブリヂストンの特徴と言えます。これまで主流であった、手工業をベルトコンベア式の流れ作業による大量生産を可能にしました。いわゆるフォードの大量生産システムをいち早く導入しています。その後、自動車用タイヤへ参入し現在のブリヂストンへと発展させます。

(スポンサーリンク)

 

まとめ

正二郎には、「会社は公器である」という信念を持っていました。足袋を販売したときは、「喜朗階級の履物改良が世のためになる」と考えていました。地下足袋製造のときは「ゴム底靴を安価に供給できれば、大衆の生活に益するに違いない」と考えました。このように彼は常に社会のためにビジネスを行おうという、強い信念を持っていたのです。ですから3代目以降、石橋家は社長に就任していません。ブリヂストンは社会の公器という考え方によるところなのでしょう。

石橋正二郎の優れたところは、現在の経営理論の教科書に書かれているような経営を実践したところにあります。現在は当たり前の経営理論ですが、当時それを実践することは商習慣のイノベーションと言っても言い過ぎではないと思います。フォードの大量生産均一価格戦略、広報戦略など、現在では教科書に書かれている経営理論をいち早く実践したことが、ブリヂストンを創業した原動力となったのは間違いないでしょう。

(スポンサーリンク)

この記事は以下の書籍・ホームページを参考に執筆しました。

1.創業者列伝
 出版社: 学習研究社 (2011/6/1)
 ISBN-10: 4054049664

 

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

当ブログのメインサイトです。
起業アイデアを自動で発想するWEBアプリを公開しています。
ぜひ立ち寄ってみてください!
アイデアジェネレーター

人気ブログランキングに参加中です。クリックしていただけると嬉しいです!

起業・独立 ブログランキングへ

カテゴリー: 創業者の物語 | コメントする