スポンサーリンク

ポジショニング法

概要

 アイデアを簡単に発想することができるアイデア発想法「ポジショニング法」を紹介しています。

 4つの評価基準軸を設定し、市場を分割(ドメイン)させます。このドメインにビジネスアイデアを当てはめて、競合品との差別化を図っていく方法です。

 簡単に始められるよう、発想法のテンプレ―トを無料で公開しています。ぜひご活用下さい。

使い方

  1. 4つの評価基準の設定
  2.  まず最初に、テーマを決めます。その後、そのテーマに関して、世間的によく知られている「評価基準」を4つ記入します。評価基準は誰もが納得するような基準にすることがポイントです。

  3. ドメインの特徴の記入
  4.  評価基準4つを決めたら、それぞれの評価基準の組み合わせによって4つドメインができます。作成したドメインの中には、すでにビジネスを展開している競合他社もいるでしょう。ですが、ドメインに競合が見当たらない場合、そこがブルーオーシャン(競合がいない)となります。自社が投入しようとしているドメインはどこでしょうか?そのドメイン内において、自社製品が差別化できる要素は無いのでしょうか?一生懸命考えてみてください。

  5. 注意点

     あなたのビジネスが別のドメインに該当したとします。あなたは多角化戦略のため別のドメインに新しいビジネスを展開するかもしれません。ですが注意が必要です。
     ドメイン間を移動する際に移動障壁という現象を乗り越える必要があるからです。ブランド認知度、経営資源の違いなどが、別ドメインへの新規参入を強く拒絶するかもしれません。
     別ドメインへの新規参入 は移動障壁を乗り越える必要があります。ポジショニング法は、新規参入しようとしているドメインに対して、本当に参入するべきか、否かの指針を与えてくれます。あなたが出したアイデアは、移動障壁を乗り越えるだけの価値がありますでしょうか?自問してみてください。

具体例

それではポジショニング法の具体例を出しましょう。
テーマは「栄養ドリンク」です。

ポジショニング法

  1. 評価基準は、「高機能成分」、「ファッション性」、「元気の維持に使用」、「体調不良時に使用」をあげました。
  2. 評価基準を設定すると、その組み合わせで4つのドメインが決まります。例えばドメイン1なら、「高機能成分で体調不良時に使用する」栄養ドリンクです。
  3. 各ドメインにアイデアを書き込んでいきましょう。既存の企業を参考にしてもよいです。

 今回は、ファッション性があり、元気の維持に使用する栄養ドリンクとして、スポーツ飲料のような栄養ドリンクに興味を沸きました。エナジードリンクが最近話題ですよね。スポーツに特化したエナジードリンクという分野はまだなさそうですね。誰もチャレンジしたことのないドメインですので、オンリーワン製品となる可能性があります。

テンプレートのダウンロード

ポジショニング法のテンプレートは、以下のリンクからダウンロードできます。

positioningzip ダウンロード



ホームに戻る

アイデア発想法一覧へ




起業に役立つリンク集

会社設立を受託できるサイト

開業までの資金稼ぎに

スポンサーリンク