ブランド連想を分かりやすく解説。ブランド連想のメリット・築く方法とは?

投稿者: | 2020年3月22日

ジーンズと言ったらどの企業が浮かぶでしょうか?

ビールと言ったらどの企業を思い浮かべるでしょうか?

ある製品から連想される企業は非常に強力なブランドを持っています。

この製品によって連想される現象のことを、ブランド連想と呼びます。

この記事ではブランド連想に関して分かりやすく解説します。

ブランド連想の構築方法、メリットを把握することで、ビジネスに活用しましょう。




ブランド連想とは

「おもちゃ屋さん」を思い浮かべてみて下さい。

真っ先に思いつくお店はトイザらスではないでしょうか。

ある製品・サービスから連想される企業は非常に強力なブランドを持っています。

この製品・サービスによって連想される現象のことを、ブランド連想と呼びます。

ブランド連想で得られるメリット

ブランド連想されるメリットは計り知れないものがあります。

ブレンド連想で得られるメリットを解説します。

買いたいときに自然と思い浮かべる

ブランド連想で思い浮かべることができる製品・サービスを持った企業は極めて強力な訴求効果を持っています。

上の例で言えば、おもちゃを買うときにお客様は最寄のトイザらスの店舗を探そうとします。

検索しておもちゃ屋さんを探すのではなく、検索用語を「トイザらス」にして検索するのです。

子供からもおもちゃ屋さんに行こうではなく、トイザらスに行こうと言われれば、そこで買わざるを得ません。

このような強力なブランド連想となるように、ブランド力を高めることがビジネスには重要なのです。

代替品としての候補になる

代替品とは買いたい製品・サービスの比較検討の対象となるものです。

例えばリーバイスのジーンズを買いたい場合、別の候補としてエドウィンを浮かべる場合、エドウィンは代替品と言えます。

どんなに製品の品質・サービスが良かったとしても、代替品として思い浮かべることができなければ販売することはできません

人間はすべての製品・サービスを把握することはできません。

必ず限られた候補から製品・サービスを選択するのです。

このような人間の特徴は経営人モデルと言われています。

少なくとも代替品の候補としてブランド力を構築している企業は極めて優秀なブランド力を備えていると言えるでしょう。

ブランド連想を構築するために

どうすれば強力なブランド連想を構築することができるでしょうか。

性能が良い、味、デザインなど製品の特長を磨くのも有効でしょう。

しかし最も重要なこと。

それは誰よりも早く製品・サービスを市場に投入することです。

まだ市場が未熟か形成されていない時期に製品・サービスを投入して、市場の認知度をすべて得てしまうのです。

先行して販売することで得られるメリットを先行者利益といいます。

ブランド連想はこの先行者利益の中でも強力なメリットなのです。

ブランド連想で成功している企業は?

現在の大企業の多くは、過去において他社に先んじて製品・サービスを開発してきました。

これによって、強力なブランド連想を作り上げてきたのです。

例えばジーンズで有名なリーバイス。アメリカのゴールドラッシュ時にジーンズを販売し、強力なブランド連想を構築しています。

コカ・コーラもその一例と言えます。飲料業界では様々なコーラが販売されていますが、コーラと言えばコカ・コーラ社を連想するでしょう。

マイクロソフトのWindows、アップル社のマックも良い例です。いずれも代替品候補として考えますよね。

スマートフォンであればアンドロイド端末、アイフォンでしょうか。

 

いずれもある製品・サービスを思い浮かべたときに思いつく商品です。

このようなブランド力まで到達できれば安定したビジネスを展開することができます。

ここまで行くとブランドロイヤリティの高いファンを獲得できます。

ブランドロイヤリティとは製品・サービスに対して強力なファンのことを言います。

ブランドロイヤリティの高い顧客を得ることができれば、製品・サービスの品質が多少悪くても、その顧客はそのブランドを買おうとするでしょう。




強力なブランドを構築するために

ブランド連想によって思い浮かぶ企業まで発展させることができれば将来は安泰です。

スタートアップ期のベンチャー企業であればブランド連想の構築を目指すことで、その市場での認知度を早い時期で獲得するべきです。

ブランド連想を構築するために重要なことは、他社に先んじて最先端の製品を世の中に出すこと、それがその業界内で広く認知されることです。

資本力の弱い中小企業であっても、他社に先んじて最先端の製品を世の中に出すことは可能です。

市場を限定すればよいのです。大企業が入ることができないほど狭い市場が良いでしょう。

その狭い市場で今までにない画期的な製品を投入するのです。そして市場が拡大するのを待ちます。

市場が拡大した際には、先行している御社のブランドは非常に強力なものになるでしょう。


ビジネスアイデアを簡単に発想できるアプリを公開しています。

筆者が運営するアイデア発想サイト「アイデアジェネレーター」はこちら。

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

その他・全般ランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です