スポンサーリンク

「商圏分析 ライリーの法則 計算アプリ」
使用方法

使用方法

WEBアプリ「商圏分析 ライリーの法則 計算アプリ」の使用方法を説明します。

 この計算アプリではあなたが出店したい都市が、近隣のライバル都市と比べて、間にある中間都市の顧客(購買力)を吸引する割合を計算することができます。

それではアプリの操作方法に関して説明します。

最初に以下の4つのパラメーターを入力します。

ライリーの法則使い方

 「あなたの都市の人口」にはあなたが出店したい都市の人口を入力します。次に入力する「ライバル都市の人口」ですが、ここはあなたが出店したい都市の近隣にある大都市をライバル都市として想定するとよいでしょう。
 それぞれのパラメーターに数字を入力して下さい。何も入力しない場合や数字意外の文字を入力した場合はエラーとなります。

 数字を入力して「計算する」をクリックすると結果が出ます。

(結果ページ)

ライリーの法則結果

 

 先頭にあなたが入力した数字が表示されます。今回の場合、人口はあなたの都市のほうが多いですが、距離がライバル都市の方が近いため、結果としては、ライバル都市の方が、中間都市を引き付けることができるという結果となりました。

ライリーの法則の特徴

2つの都市がその間にある都市から顧客を吸引する割合を計算します。
別名「小売引力の法則」とも呼ばれています。

基本的には以下の場合、中間都市の顧客をより多く吸引することができます。

①人口が多い
②中間都市との距離が近い

人口が多い都市には多くの魅力的な店舗が存在すると考えられます。従って、近隣の都市は人口が多い都市でショッピングを楽しもうとするからです。
距離に関しては近いほうが、交通の便が良いので顧客が集まりやすいのは当然のことと理解できると思います。

計算式は以下の通りです。

ライリーの法則計算式

それぞれの変数の説明は以下の図で表します。

ライリーの法則

距離が2乗で効いてくるため、距離が販売額の吸引には重要と言えます。

WEBアプリ「商圏分析 ライリーの法則 計算アプリ」 はここから入れます。
商圏分析 ライリーの法則 計算アプリへ


スポンサーリンク