スポンサーリンク

カテゴリー別
ビジネスモデルジェネレーター
の使用方法

基本的な使用方法

WEBアプリ「カテゴリー別ビジネスモデルジェネレーター」の使用方法を説明します。

「アイデアを発想する」ボタンを押すと、「製品・サービス」と「ビジネスモデル」がランダムに入れ替わります。

ビジネスモデルジェネレーター使用方法

この機能によって「製品・サービス」と「ビジネスモデル」をランダムに組み合わせることができるようになります。

製品・サービス」欄には、市場に存在する様々な製品およびサービスを網羅的に抽出し、そのワードをランダムに表示します。

ビジネスモデル」欄には、ビジネススクールで学ぶような著名なビジネスモデルがランダムに表示されます。ビジネスモデルは直感的に理解できるように抽象化されたモデル図が表示されるようになっています。

カテゴリー別とは?

カテゴリー別ビジネスモデルジェネレーターではいくつかの製品群(カテゴリー)に分けて、アイデアを発想することができます。まず、トップ画面の左サイドメニューの「カテゴリー別ビジネスモデルジェネレーター」をクリックします。

すると以下のようなリンク集に移動します。

カテゴリー別TRIZ発想法の一覧

例えば、あなたが文房具の製品でビジネスアイデアを発想したいと考えているとしましょう。この場合、家電製品や食品が「製品・サービス」に表示されていたとしても意味がありません。

そこでカテゴリー別ビジネスモデルジェネレーターの「製品・サービス」欄には、カテゴリーで分類された特定の市場の「製品・サービス」をランダムに表示するようになっています。

この仕様によって、すでにビジネスを持っているオーナーでも、自社のドメインに特化した起業アイデア・ビジネスアイデアを発想することが可能となります。

補足説明

使用方法をより理解していただくために、発明原理の部位を詳細に解説します。

ビジネスモデルジェネレーター使用方法2

発明原理の枠にはモデル図を中心とした画像が表示されるようになっています。

画像には3つのアイデア発想のヒントが表示されています。

  1. ビジネスモデル
  2. モデル図
  3. Key words

ビジネスモデルは著名なビジネスモデルの名称が記述されています。

モデル図は抽象化された図が表示されます。直感的にビジネスモデルを理解しやすいように目で見て理解できます。

Key wordsにはビジネスモデルを実践している企業やアイデアのヒントを表示させています。具体例を参考にアイデア発想すると、簡単にアイデアが発想できることがあります。

注意して頂きたいことが一点あります。それはモデル図やKey wordsに固執しすぎないことです。自由なアイデア発想を縛ってしまう可能性があります。

WEBアプリ「カテゴリー別ビジネスモデルジェネレーター」 はここから入れます。
カテゴリー別ビジネスモデルジェネレーターへ


スポンサーリンク