スポンサーリンク

「キャッチフレーズジェネレーター」の使用方法

使用方法

WEBアプリ「キャッチフレーズジェネレーター」の使用方法を説明します。

まずアイデアを発想したい製品・サービスを入力フォームに入力してください。

キャッチフレーズジェネレーターの使用法

次にキャッチフレーズを発想するボタンを押すと、あなたが入力した「製品・サービス」にキャッチフレーズが付いて、一覧表示されるようになります。

例として「手帳」と入力します。すると以下のように目次が最初に表示されるページに移動します。

キャッチフレーズジェネレーター目次

目次をみて、キャッチフレーズとして演出したい特徴があれば、クリックします例えば、目次の中の「実績をアピールする」をクリックしてみます。

キャッチフレーズジェネレーターリンク

このように、実績をアピールするような、キャッチフレーズとあなたがキャッチフレーズを発想したい「製品・サービス」が一緒に表示されるようになります。

キャッチフレーズにはパターンがあるけど・・・

キャッチフレーズにはパターンがあります。皆さんもお決まりのフレーズを目にしたことがあると思います。例えば、流行をアピールしたい場合なら、「ブレイク寸前」とか、「この夏一番の」などお決まりのワードがあります。

ですがそのパターンをどのように自分の製品に当てはめるか?
これが難しい
のです。

たとえば、上の「手帳」を例にとってみましょう。
同じ実績をアピールする場合でも、「愛され続けて○年の手帳」と、「時代を超えた変わらない手帳」ではアピールする観点が異なってきます。

何をアピールしたいか、どのフレーズを自社の「製品・サービス」に当てはめるか、判断するには、多くのキャッチフレーズを俯瞰的に眺めてから、しっくり来るキャッチフレーズを選択することが有効なのです。

すなわち、本サイトが開発したキャッチフレーズジェネレーターのような、キャッチフレーズの一覧表示が有効なのです。

キャッチフレーズからアイデア発想する

キャッチフレーズジェネレーターは、すでにある製品にキャッチフレーズを付けるだけではなく、キャッチフレーズから新しいアイデアを発想するという方法にも使用できます

例えば目次から「スタイルで攻める」キャッチフレーズをクリックしてみます。

キャッチフレーズアイデア発想法

このように、「おしゃれな」や「カジュアルな」、「エレガントな」など、様々なスタイルの手帳の一覧が表示されます。

これらのキャッチフレーズを基に新しいコンセプトの製品を発想することも有効な起業アイデア・ビジネスアイデアの発想法と言えます。


WEBアプリ「キャッチフレーズジェネレーター」 はここから入れます。
キャッチフレーズジェネレーターへ


スポンサーリンク