ビジネスのお役立ち情報を定期発信

研究機関の新着情報ポータルリンクの紹介

1、研究機関の新着情報ポータルリンクとは?

 ビジネスアイデアを発想する新しいアプリケーション「研究機関の新着情報ポータルリンク」を開発しましたのでご紹介します。

 

 本サイトは科学技術に関わる日本の研究機関の新着情報をいち早く取得するための新着情報のポータルリンク集です。

 新しいビジネスアイデアは優れた研究結果を応用することで生まれます。

研究機関の発表する科学技術は新しいビジネスアイデアの宝庫と言えます。

しかし優れた研究者が優れたビジネスパーソンである保証はなく、せっかくの技術がビジネスにならないことは多々あるのが現実です。

 

 一方で起業家や資本家はビジネスアイデアを探していますが、残念ながら科学技術の専門家ではない場合が多いのも事実です。

専門家でない人は、科学論文から有用な技術を学ぶことは困難を極めます。

また各研究機関から発信される最新情報を取得するために、すべての研究機関のホームページを回るのは非効率的です。

 

本サイトでは日本を代表する研究機関の新着情報を横断的に取得することができます。

このため技術革新をいち早く取得して、その研究成果をビジネスに活かすことができるようになります。

 

2、研究機関の新着情報ポータルリンクの使い方

 それでは当アプリケーションの使用方法に関して解説します。

 このアプリケーションは様々な使い方ができます。

お好みの方法でビジネスアイデアを効率よく発想することが肝心です。

今回は使い方の一例をご紹介します。

 

①基本的な見方

 まずはアプリケーションを開きましょう。

ページを下にブラウジングしていくと、様々な研究機関の新着情報を閲覧することができます。

ここでは産業技術総合研究所を見ていきましょう。

新着情報には①題名、②日時、③リンク、が掲載されています。

過去にさかのぼってすべてを閲覧してもよいでしょうし、本日の日付分を確認する使用方法もあるでしょう。

私のお勧めは本日の日付分の新着情報を毎日チェックすることです。

②上から順番に確認する

 マーケットを広く確認するため、すべての新着情報をザッと上から下まで見ていく方法は社会全体を広く俯瞰的に確認するには最良の方法でしょう

時間は約10分程度しか掛かりません。

10分で日本の代表的な研究機関の新着情報を得ることができるのがこのアプリケーションの最も優れた特徴と言えます。

③知りたい分野の研究機関のみの情報を確認する

 例えばあなたのビジネスがIT関係であれば、情報処理推進機構や情報通信研究機構の新着情報を深く読み込む方法が有効かもしれません。

この場合、サイトの情報は新着情報がメインで掲載しているため情報は約1週間程度しか閲覧することができません。

もっと最近の動向を深く分析したい方は研究機関のホームページで確認するとさらに多くの情報を取得できるでしょう。

このようなニーズに応えるため、本サイトから各研究機関の新着情報にリンクするようにしています。

実際のホームページに飛んで、続きの情報を取得すると最近の動向を深く分析することができるようになるでしょう。

 

3、実際にビジネスアイデアを出してみよう。

 実際にビジネスアイデアを出してみます。私のお勧めは②の「上から順番に確認する」方法で情報を取得することです。

実際にこの方法に従って日本の代表的な研究機関の新着情報を見ていきます。

 

 本日は2018年3月19日です。日本医療研究開発機構から順番に見ていきます。

医療ビジネスでは核酸医薬がホットな話題のようです。

情報通信研究機構では光格子や原子時計に関する技術があります。

素材分野では物質・材料研究機構のナノテクノロジー分野が盛んのようです。

理科学研究所ではバイオ分野の新着情報が多く、日本を代表する研究所では現在もバイオ分野が熱いようですね。

 

このように1日で多くの情報を手に入れることが出来ました。

これらのワードは研究機関が今まさに新しいイノベーションを起こすべく手掛けている技術分野です。

新しい技術をいち早く導入できれば、他社に先駆けてビジネスを展開することができます。

研究機関の新着情報はビジネスチャンスの宝庫と言えます。

 

(スポンサーリンク)

 

4、最後に (研究機関のリストアップに関して)

 本アプリケーションは国の外郭団体である研究機構の新着情報を中心に構成されています。

優れた技術はこれらの研究機関だけではなく大学からも数多く発明されています。

しかしながらこれらすべてを1つのサイトで扱うと、社会全体を簡便に俯瞰的に見るというアイデア発想の本旨を逸脱する可能性があります。

そこで残念ながらすべての研究機関の情報を載せることを断念し、国の外郭団体を中心とした構成となりました。

このような背景があり、このサイトで得られる科学技術の最新情報は全体の極一部でしかありません。

興味がある分野があれば、やはり検索サイトで検索してみることが情報を深堀する上では重要と考えます。

しかし深堀するにも最新でホットな話題は何なのか、現在の最新技術を知るきっかけが必要です。

当サイトはまさに検索するためのきっかけを得るために有効なアプリケーションであると考えています。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

当ブログのメインサイトです。
起業アイデアを自動で発想するWEBアプリを公開しています。
ぜひ立ち寄ってみてください!
アイデアジェネレーター

人気ブログランキングに参加中です。クリックしていただけると嬉しいです!

その他・全般ランキング

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

クリックのお願い

人気ブログランキングに参加中です。クリックしていただけると嬉しいです!
その他・全般ランキング

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る