ビジネスのお役立ち情報を定期発信

商圏分析計算アプリの紹介

1、商圏分析計算アプリの紹介

 この度、当サイト「アイデアジェネレーター」は新しいWEBアプリケーションを開発しましたのでご紹介します。

 

 今回は商圏分析を計算するアプリケーションの開発を行ってきました。

商圏分析を行うための以下の3つの法則を計算するWEBアプリケーションとなります。

アプリケーション名は「商圏分析 計算アプリ」です。

今回は3つのWEBアプリケーションを開発しました。

 

ライリーの法則 計算アプリ

ライリー&コンバースの法則 計算アプリ

コンバースの法則 計算アプリ

 

それぞれについて解説したいと思います。

2、商圏分析とは?

 店舗を出店したいときに、特に重要となるのは立地条件です。

多少サービスが悪くても、立地条件が良ければ良好な売上を得ることができます。

逆に最高のサービスを提供したとしても立地条件が悪ければ、お客様は来ないでしょう。

 立地条件はビジネスを開始する上で、非常に重要なファクターとなるのです。

それでは立地条件を決定するためにどうすればよいでしょうか?

 

この問題を理論化するために考え出されたのが、商圏分析の理論です。

これらの理論は都市と都市の間に生じる、顧客を吸引する力関係を説明しています。

この理論によって、あなたが出店したい都市が近隣都市と比較して有利か不利かを数値で測ることができるのです。

 

 

 主な商圏分析は上述した3つの理論が有名です。

それぞれの理論に関して簡単に解説します。

 

①ライリーの法則

2つの都市がその間にある都市から顧客を吸引する割合を計算します。

別名「小売引力の法則」とも呼ばれています。

 

②ライリー&コンバースの法則

あなたの都市と商圏分岐点の距離を計算します。

商圏分岐点よりも近い都市はあなたの都市で購買をしようとしますが、遠い都市の人はライバル都市で購買します。

③コンバースの法則

大都市がその近くの小都市の顧客(購買力)を吸引する割合を計算します。

基本的には小都市の購買力(顧客)は大都市に吸引されるという理論に基づきます。

「新小売引力の法則」とも呼ばれています。

 

 いずれの理論も以下の条件の場合に、顧客をより多く引き付けることができます。

 

①人口が多い

②近隣都市との距離が近い

 

人口が多い都市には多くの魅力的な店舗が存在すると考えられます。

従って、近隣の都市は人口が多い都市でショッピングを楽しもうとするからです。

距離に関しては近いほうが、交通の便が良いので顧客が集まりやすいのは当然のことと理解できると思います。

 

(スポンサーリンク)

 

3、立地条件ほど重要なものはない

 今回のアプリケーション開発は3つのアプリを同時に開発したため、時間を要しました。

ブログをしばらく休止しての開発でしたが、満足のいくアプリケーションができたと自負しています。

 あなたが店舗を構えたいと思ったとき、どの町にしたほうが良いか、

このアプリケーションを使って慎重に意思決定してください。

 立地条件はあなたのビジネスの成否を決める重要な要素です。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

当ブログのメインサイトです。
起業アイデアを自動で発想するWEBアプリを公開しています。
ぜひ立ち寄ってみてください!
アイデアジェネレーター

人気ブログランキングに参加中です。クリックしていただけると嬉しいです!

起業・独立 ブログランキングへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

クリックのお願い

人気ブログランキングに参加中です。クリックしていただけると嬉しいです!
その他・全般ランキング

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る