起業・ビジネスアイデアを発想する方法を紹介!

「製品とは何か」を真剣に考えてみる

1、製品の本当の意味って?

 製品という言葉を真剣に考えてみたいと思います。

皆さんは自転車やエアコンなど工場で製造する製品を思い浮かべるのではないでしょうか。

 

製品という言葉には多くの意味が含まれています。

強調したいのは、製品という言葉には単にモノだけではなく、

顧客を満足させるための手段という意味も含むです。

このことを理解しないと、本当にお客様が欲しがる優れたモノ(製品)を提供することはできません。

 

 今回は、製品を取り巻く3つの意味、すなわち製品の3層モデルに関して解説します。

この考え方を理解することで、顧客が本当に欲しい製品は何かを、真剣に考えることができるようになります。

2、製品の3層モデル

製品という言葉は、3つの層によって構成されています。

製品の核、②製品の形態、③製品の付随機能の3つです。

 

①製品の核

 製品から得られる便益そのものです。

ドライヤーを例にする場合、髪を乾かすという機能そのものが製品の核となります。

髪を乾かすのは何もドライヤーだけではありません。

扇風機であっても、自然乾燥よりは早く乾きます。

 

②製品の形態

 製品の核を実際に具体化した製品を表します。

髪を乾かす便益を得たい場合、該当する商品はドライヤーになります。

 

③製品の付随機能

 製品を購入する際に得られる付随的なサービスを表します。

例えばアフターサービスや保証、交換サービス等が該当します。

 

(スポンサーリンク)

 

3、ユーザーが本当に得たい便益を叶えているか?

 製品を販売する時に、製品そのものを販売しようとしていませんか?

 

お客様は製品が欲しいのではなく、その製品を使用することで得られる便益を購入しているのです。

ですからお客様の欲求を叶える手段として、その製品を販売するのですが、

何もその製品だけがお客様の欲求を叶える手段ではないということを忘れてはなりません。

 

 お客様の欲求を叶える手段は複数あると考えられます。

御社の製品を考えた場合、他に手段が無いか真剣に考えてみてください。

別の解決手段があるのなら、その解決手段を多角化戦略として販売してみてはいかがでしょうか。

逆にその解決手段はライバル企業がすでに販売しているかもしれません。

この場合、代替品の脅威として予想外のところから御社のライバルになるでしょう。

 

 お客様の便益を中心に製品・サービスを考える癖をつけることが、

新しい価値の創造や、代替品の脅威から守る手段なのです。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

当ブログのメインサイトです。
起業アイデアを自動で発想するWEBアプリを公開しています。
ぜひ立ち寄ってみてください!
アイデアジェネレーター

人気ブログランキングに参加中です。クリックしていただけると嬉しいです!

起業・独立 ブログランキングへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

クリックのお願い

人気ブログランキングに参加中です。クリックしていただけると嬉しいです!
その他・全般ランキング

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る